合宿免許

免許の種類

道路標識イメージ

免許と言えば普通自動車を運転できる普通自動車免許を取得するのが一般的ではありますが、これは実は第一と第二があるのをご存知でしょうか。
一般的に自家用車などで走行する際に必要となるのは第一の免許ですが、タクシーなどのお客様を乗せて運転を行う場合には第二の免許を取得する必要があります。
普通自動車免許の場合は自動車に乗ることが一般的ではありますが、この他にも小型特殊自動車、原動機付自転車などの運転が可能となるため乗れるものの幅も広くなります。

【合宿免許 くりっく】

では普通免許で乗れる自動車に決まりはないのかと言いますと実はこれは重量や定員によって乗れる範囲が定められているのです。
しかし重量と定員の問題をクリアしている車両であれば普通自動車でも走行することが可能となっていますから、この点だけを意識して自動車を選ぶようにすれば特別問題となることもないでしょう。
また普通免許で大型車両なども実は運転することが可能ではありますが、実際のところ大型車両を販売していたり運転できる場というのは限られていますから、一般道路を走行できるのはやはり良く知られている自動車に限定されると考えていいのではないでしょうか。
また普通免許の場合はトラックなどの運転はできません。

合宿免許口コミ広場

話を戻しますが、普通免許の場合乗れる車のt数が決まっています。それぞれの免許の乗れる容量は以下の通りです。
  • 普通免許(MT/AT)⇒年齢が18歳以上。車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満、乗車定員10人以下の車両が運転できます。2007年6月以前に普通自動車免許を取得した者は8トン限定の中型自動車が運転できます。 車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満、乗車定員10人以下です。
  • 普通中型免許(MT/AT)⇒年齢が20歳以上。車両総重量5トン~11トン未満、最大積載量3トン~6.5トン未満、乗車定員29人以下の車両が運転できます。
  • 普通大型免許(MT/AT)⇒年齢が21歳以上。車両総重量、最大積載量、乗車定員maxです。

  • Copyrightc 2016 Information Service Corporation Tokyo All Rights Reserved.